お勧め商品ピックアップ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア
  • seo

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

内藤 苦戦だったようです 

しかし、勝つとはおもってませんでしたね

さすがです


これからもがんばれ!!

ボクサー崩れのタレントだけはなって欲しくないですね


 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦が23日、東京・両国国技館で行われ、同級王者、内藤大助(34)=宮田=が同級13位、山口真吾(29)=渡嘉敷=を十一回1分11秒TKOで降し、4度目の防衛に成功した。34歳3カ月での世界王座防衛で、自身の持つ国内最年長防衛記録(33歳11カ月)を更新した。 【写真特集】内藤対山口の熱闘 壮絶殴り合い、これがボクシングだ  ◇剛腕KOでも、内藤節全開「オレ、才能ないな」 内藤の剛腕がうなりを上げた。十一回、左フックで山口の動きを止めると、右フック2発をたたきつけてダウンを奪取。さらに連打でレフェリーストップを呼び込んだ。 3月の試合でWBA王者・坂田健史から、敗れはしたものの一度はダウンを奪った山口だが、内藤の敵ではなかった。左手を伸ばしてうまく距離を取り、10センチのリーチ差を生かした中間距離で打ち合う。広いスタンスで頭を下げて放つ独特の右フックは、相手の死角から何度も当たり、相手の出鼻への左フックも有効。終盤は下がる場面が目立ち、試合後は「オレ、才能ないな。セコンドから『判定勝ちでいい』と言われ、迷ってしまった」と反省しきりだったが、持ち味は十分出した。 7月の前回防衛戦で清水智信(金子)に十回KO勝ちしたものの、九回までは劣勢。野木丈司トレーナーが「休養を命じた日に練習していたことを後で知った」と明かすように、苦戦の一因はオーバーワークだった。不安から練習しすぎたり、戦前の予想で「有利」と言われると慎重になってしまう「心の弱さ」を克服するのが、今回のテーマだったが、見事にクリアした。 34歳の年齢を感じさせない戦いぶりに、野木トレーナーは「36歳まで伸びる。その強さを38歳まで維持できる」という。「練習でやってることを出せば、もっと早くKOできた」と嘆く内藤だが、それも理想が高いからこそ。潜在能力の底は、まだ見せていない。【来住哲司】 ▽WBAライトフライ級元王者・具志堅用高 ボクシングのうまさで内藤が上だった。(34歳でも)内藤はまだまだ体力があるが、世界の強豪が(対戦相手に)来た時に、どうなるかを考えないと。 ○…試合後の山口は、大事を取って病院へ直行した。会場を去る際にジムのスタッフに両脇を支えられながら「(内藤は)懐が深く、入りたくても入れなかった」。渡嘉敷会長は「内藤を誘って、右フックでカウンター狙いの作戦だったが、内藤の懐が深すぎて山口が前に出たがってしまった」と敗因を分析した。山口の去就について渡嘉敷会長は「納得しているだろう」と引退を示唆した。【関連ニュース】 ◇写真特集◇王者・内藤KO防衛、亀田興毅がサプライズ祝福  ◇写真特集◇亀田大毅、王者・内藤に反則技連発 ◇写真特集◇ボクシング 王者・内藤、またも投げられた ◇写真特集◇興毅、大毅、そして史郎氏・・・亀田家の戦いを振り返る ◇写真特集◇ボクシング:亀田大、KOで復帰飾る ノンタイトル戦

内藤 苦戦の原因は練習しすぎ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081224-00000000-maiall-spo


今日のラッキーキーワードは、「内祝い」です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinosino332.blog63.fc2.com/tb.php/3-ec761004


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。